よくわかるやさしい冬虫夏草ガイド
よくわかるやさしい冬虫夏草ガイド

民間療法や漢方、補完・代替医療に冬虫夏草が使われる理由がよくわかる

HOME » 民間療法としての冬虫夏草の使われかた » 耳鳴り

耳鳴り

ここでは冬虫夏草の耳鳴りへの効果の説明と、冬虫夏草で耳鳴りが改善した人の口コミを紹介しています。

冬虫夏草で耳鳴りが改善した臨床データ

冬虫夏草にはさまざまな効果や効能があります。民間療法としての冬虫夏草は耳鳴りやアトピー性皮膚炎、生活習慣病や疲労回復・勢力増進などに用いられてきました。ここでは冬虫夏草の耳鳴り改善の効果について、考えてみましょう。

中国の医学書「中薬現代研究と臨床応用」では耳鳴りの患者に対して冬虫夏草を4週間にわたり24回経口投与した結果、90%の患者で改善が見られたという結果が掲載されています。但し書きには「急性患者にも有効」とされていることから、冬虫夏草を服用することによって比較的早期に耳鳴りが改善されるであろうことが推測されます。

また1995年にDr.Zhang(ツァン)、1998年にはDr.Zhu(ツュー)から相次いで発表された臨床実験データでは、冬虫夏草の興味深い実験結果が示されています。実験は冬虫夏草と偽薬(プラセボ)を使用したブラインドテストで、片方のグループには冬虫夏草を投与、もう一方のグループにはプラセボを投与し、どちらも自分が飲んでいるのが冬虫夏草か偽薬か解らない状態で行われました。
その結果、冬虫夏草が投与されたグループではプラセボのグループに比べて79%の被験者で耳鳴りの改善が確認されました。

耳鳴りの原因と冬虫夏草の効果

数ある病状の中でも、耳鳴りほど原因の特定が難しい症状はないでしょう。たとえば街中を離れた大自然の中、車や電機製品の騒音もない静かな夜にひとりたたずむと「しーん」という音が聞こえてきます。これは身体の中を血液が流れる音などが鼓膜で拡大されて耳に聞こえる、言わば生きている証の音です。誰にでもある全く異常ではない音・・耳鳴りですが、周りが静かではないときでも常時この音が聞こえている場合はストレスの原因にもなる耳鳴りの症状と言えるでしょう。

身体が作り出す音を異常に大きく継続的に「耳鳴り」として知覚してしまう原因には、心因的なものや神経系統の損傷、病的なものが考えられます。中でも耳鳴りの原因として最も多いのが、高血圧などによって引き起こされる病的な耳鳴りです。高血圧が原因の耳鳴りには、冬虫夏草に豊富に含まれているマンニトールが有効に作用すると思われます。

耳鳴りに働きかけるマンニトール

マンニトールは冬虫夏草に4%から5%含まれている糖アルコールで、難消化性という特性を持っています。冠動脈を拡張する働きがあるため血圧を降下させて、血流の改善を促します。耳鳴りの原因が血流によるものである場合は、マンニトールの働きによって改善の効果があると考えられます。

冬虫夏草で耳鳴りが改善した口コミ

インターネット上にたくさん見られる、冬虫夏草摂取による耳鳴り改善の口コミを紹介します。

65歳・女性

30歳の頃から血圧が高く、疲れてくるとキーンという感じの耳鳴りがして悩んでいました。医師からは「耳鳴りの薬はないから慣れるしかない」と言われて諦めていました。ところが冬虫夏草を飲み始めてから2ヵ月ほどすると血圧が安定し始め、耳鳴りも気にならないようになってきました。病院で診察してもらうと「この状態が続けば血圧の薬も必要ない」と言われました。

73歳・男性

10年くらい前から耳鳴りと難聴があって、だんだん酷くなって夜も眠れないほど苦痛になっていました。そんなときに冬虫夏草のことを知って試してみると、体調が全体的に良くなってきたので「これは他のものとは違うぞ」と感じて飲み続けることにしました。しばらく続けるうちに耳鳴りは小さくなり、耳も良く聞こえるようになってきたので本当に驚いています。少し前から時々あった、めまいやふらつきまで無くなってしまいました。

52歳・女性

耳鳴りと難聴に加えて更年期で体調を崩し、ひとりで酷く悩んでいました。めまいも酷くなってきたときに冬虫夏草のことを知って、飲み始めることにしました。すると最初に倦怠感がなくなって体調がよくなり、気が付くと耳鳴りと難聴もすっかり治っていました。

 
ページの先頭へ▲