よくわかるやさしい冬虫夏草ガイド
よくわかるやさしい冬虫夏草ガイド

民間療法や漢方、補完・代替医療に冬虫夏草が使われる理由がよくわかる

HOME » 民間療法としての冬虫夏草の使われかた » 抗ストレス作用

抗ストレス作用

ここでは、冬虫夏草の効果の1つである、抗ストレス作用について説明します。

冬虫夏草でストレスが緩和された臨床データ

冬虫夏草にはさまざまな効果や効能があります。民間療法としての冬虫夏草は耳鳴りやアトピー性皮膚炎、生活習慣病や疲労回復・勢力増進などに用いられてきました。ここでは冬虫夏草の抗ストレス作用について、考えてみましょう。

人間に対する臨床実験ではありませんが、ラットによる動物実験によって、冬虫夏草にはストレスを緩和する作用があることが確認されています。

実験では、ラットに強いストレスをかける(動けないようにし、水に浸す)と、何もしなかったラットストレスによって胃潰瘍ができたのに対し、冬虫夏草を与えたラットは、ストレスがかかっても胃液の分泌が過剰にならず、胃潰瘍ができなかった、という結果が出ています。

また、東京で30年以上漢方による治療を行っている日本東洋医学会の岡田研吉氏は、著書『”末期ガン”完全消滅の驚異』で、冬虫夏草について「肺や腎臓の機能を高めながら、神経系統などにも効果を示す」「更年期の冷え、のぼせ、精神不安定、そして神経痛や自律神経のバランスの乱れを調整すると同時に、うつ病などの精神安定にも効果」と述べています。

冬虫夏草のストレス緩和効果

冬虫夏草には、「メラトニン」というホルモンが含まれています。

メラトニンは人体にもともと存在している成分で、脳の松果体という部分から分泌される、脳内ホルモンです。

メラトニンは、別名「睡眠ホルモン」と呼ばれています。体内では通常夕方から夜にかけて分泌され、眠りを誘い、体内時計を正常に保つ働きを持っています。

アメリカでは、時差ぼけや不眠を改善するサプリメントとして親しまれているようです。

睡眠は、ストレスと密接な関係にあります。ストレスを感じると、自律神経のバランスが崩れ、交感神経が優位になるため、眠れなくなったり、疲れやすくなったりします。

睡眠が乱れると、脳が充分に休めず、ストレスや感情などの処理も追いつかなくなるため、さらにストレスが溜まっていく、という悪循環に。

冬虫夏草を摂取することでストレスが緩和されるのは、体内にメラトニンが補給され、不眠が改善されるからなのです。

また、冬虫夏草に含まれる必須アミノ酸の1つに「トリプトファン」という成分があります。トリプトファンは、セロトニンという神経伝達物質の材料です。

セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、人間の精神状態や心の安らぎなどに密接に関わっており、不足するとうつ病などの精神疾患の原因となることがわかっています。

さらにトリプトファンの他にも、同じくセロトニンの材料となるチロシンセロトニンの働きを助けるビタミンB1など、冬虫夏草にはセロトニンに関連する成分が豊富。

以上のことから、冬虫夏草はストレスを緩和し、精神を安定させる効果があるとされています。

冬虫夏草のストレス緩和効果に関する口コミ

インターネット上にたくさん見られる、冬虫夏草摂取によるストレス緩和効果を実感している人の口コミを紹介します。

61歳・女性

私はストレスを強く感じるタイプで、その影響で口の中に切り傷ができてしまい、食べ物の味も感じられなくなってしまっていました。病院で治療を受けてもなかなか効果が出ず困っていたところ、「冬虫夏草」を勧められ、飲んでみることにしました。飲み始めてわずか4日で傷が治り、味覚もその翌日には元に戻って、本当にびっくりしました。

30歳・女性

毎日バリバリ仕事をしていて、そのぶん仕事によるストレスも多く、常にストレス性口内炎に悩まされていました。そんなとき、同じく仕事人間な取引先の女性がストレス対策にいいよ、と「冬虫夏草」を教えてくれ、ありがたく服用。すると、あんなにしつこくできていた口内炎が、4日後にはきれいに消滅しました。今では、もっと早く冬虫夏草のことを知っていれば快適に過ごせたのに、なんて後悔しているくらいです。

 
ページの先頭へ▲