よくわかるやさしい冬虫夏草ガイド
よくわかるやさしい冬虫夏草ガイド

民間療法や漢方、補完・代替医療に冬虫夏草が使われる理由がよくわかる

HOME » 民間療法としての冬虫夏草の使われかた » 生活習慣病

生活習慣病

ここでは冬虫夏草の生活習慣病(高血圧や糖尿病など)への効果の説明と、サプリメントなどで生活習慣病が改善した人の口コミを紹介しています。

冬虫夏草で生活習慣病が改善した臨床データ

冬虫夏草にはさまざまな効果や効能があります。民間療法としての冬虫夏草は耳鳴りやアトピー性皮膚炎、生活習慣病や疲労回復・勢力増進などに用いられてきました。ここでは冬虫夏草の生活習慣病改善の効果について、考えてみましょう。

中国の医学書「中薬現代研究と臨床応用」では高血圧症の患者に対して冬虫夏草を1ヵ月から2ヵ月の間に273回経口投与した結果、76.20%で改善が見られたとしています。

また、心臓病では4週間33回の投与で90.50%不整脈では2週間277回で74.40%糖尿病1ヵ月から2ヵ月に29回の投与で86.90%に改善が確認されています。

生活習慣病の原因と冬虫夏草の効果・効能

生活習慣病には体内で発生する活性酸素が大きく影響していると考えられています。体内にはもともと活性酸素を還元する酵素SODが存在していますが、加齢や生活習慣の乱れによってSODが減少すると活性酸素によってDNAが傷つけられてしまいます。
このDNAの損傷によって脳卒中や心筋梗塞、糖尿病、肝炎、腎炎、動脈硬化などさまざまな生活習慣病の発症リスクが高まるとされています。一般的に40歳くらいからは体内で作られるSODの量が、大きく減少していくことが解っています。

生活習慣病を改善する成分

冬虫夏草にはSOD(活性酸素除去酵素)が豊富に含まれているため、生活習慣病の大きな原因のひとつである活性酸素を抑制する効果が期待されています。

また特にサナギタケ冬虫夏草に多く含まれるβグルカン免疫機能を活性化することで、生活習慣病のさまざまな病気の発症を予防します。ビタミンDの前駆体であるエルゴステロールにもレモンの10倍もの抗酸化作用があるため、動脈硬化や老化予防にに役立つことが解っています。生活習慣病の改善・予防に冬虫夏草は非常に有効であると言えるでしょう。

冬虫夏草で生活習慣病が改善した口コミ

インターネット上にたくさん見られる、冬虫夏草摂取によって生活習慣病を改善した方の口コミを紹介します。

88歳・女性

心不全の発作もあり、血糖値も160〜480と高い数値でした。娘に勧められて冬虫夏草を試すようになって10日ほどすると、食欲が出てきて便通も良くなりました。20日が過ぎた頃には体調がますますよくなり、食欲を抑えるのが大変なほどでした。血糖値も110まで下がり、娘には本当に感謝しています。

56歳・男性

糖尿病のせいで何をするにも身体がだるく、すぐに疲れてしまうような状態でした。冬虫夏草を飲み始めて10日すると明らかに体調がよくなったのが実感され、食前の血糖値が250だったものが200を切るようになりました。服用して20日目になると体調はさらに良くなり、食前血糖値189、ヘモグロビン11.5だったものが9.4まで下がりました。服用30日目では食前血糖値167、ヘモグロビン9.1、体調は極めて良好で肉体労働をしても疲れにくくなりました。

52歳・男性

血糖値が300以上もある糖尿病で、ずっと食餌療法と通院を続けてきました。もともと脂っこい食事が好きな上に大の酒好きなので、なかなか食事制限を守ることができず血糖値も下がりませんでした。しかし勧められた冬虫夏草を飲み始めたら3週間後には血糖値が正常値に戻ったので、大変驚きました。

 
ページの先頭へ▲