よくわかるやさしい冬虫夏草ガイド
よくわかるやさしい冬虫夏草ガイド

民間療法や漢方、補完・代替医療に冬虫夏草が使われる理由がよくわかる

HOME » 民間療法としての冬虫夏草の使われかた » 認知症

認知症

このページではカイコ冬虫夏草(サナギタケ冬虫夏草)の認知症への効果・効能の説明と、カイコ冬虫夏草を摂取して認知症が改善したという報告を紹介しています。

※カイコに寄生してできるサナギタケ冬虫夏草は、カイコ冬虫夏草の一種です。

冬虫夏草で認知症が改善した臨床データ

今までアルツハイマー型認知症には、病状の進行を遅らせる薬はありましたが、根本的に回復させる薬はありませんでした。しかし最近になって、冬虫夏草に認知症の改善効果があるとテレビで取り上げられ、大きな話題になっています

冬虫夏草の認知症への効果を研究しているのは、岩手大学の特任教授で農学博士の鈴木幸一氏。40年以上もカイコの研究をしている鈴木教授は、2010年に「カイコ冬虫夏草に認知症の改善効果がある」という論文を発表しました。この論文では、カイコ冬虫夏草の煮汁をマウスに与えることで脳の委縮が回復したり、記憶を司る海馬が修復して記憶力が改善したと報告されています。

今はマウス実験を経て、認知症患者の方への臨床試験を実施しているそうです。この臨床試験に密着したテレビ番組では、実際に認知症の病状が改善していく様子が放送されていました。

認知症の原因と実用化への道筋

近年、認知症の患者数は増加し続けており、10年後には、65歳以上の5人に1人、700万人以上の方が認知症を発症するという予測も出ています。

そもそも認知症にはいくつか種類があるのですが、カイコ冬虫夏草での改善効果が期待できるのは、最も症例数が多いアルツハイマー型認知症です。このアルツハイマー型は、脳にアミロイドベータというたんぱく質が溜まり、脳が委縮してしまうのが原因と言われていますが、このアミロイドベータが溜まるメカニズムは今もって解明されていません。つまり、特効薬はおろか発症過程すら解明されていないのが現状なのです

カイコ冬虫夏草由来の認知症薬が実用化に至るまでは、

  1. カイコ冬虫夏草の海馬修復に関わる成分を特定
  2. 海馬修復のメカニズムを分析
  3. 認知症患者が摂取できる医薬品や食品の開発

という工程が残されています。しかし、画期的な認知症改善薬の研究には、日本だけではなく世界中から大きな期待が寄せられています

冬虫夏草で認知症が改善した臨床試験の模様

テレビでも紹介されていた、鈴木教授の臨床試験の模様を紹介します。

92歳・男性

4年前に認知症と診断された92歳のAさんには、計算力と記憶力低下の症状が見られ、薬の小袋を同じ日付同士に仕分けるといった単純作業も困難なほどでした。そこでAさんには、病院で処方されたアルツハイマーの薬と一緒に、カイコ冬虫夏草の粉末を飲んでもらうようにしました。
そして冬虫夏草を飲み始めて3ヶ月後、Aさんに同じ作業をしてもらうと、今度は間違えず仕分けられるまで回復していたのです。さらに、病院の会計も自分でできるようになるなど、計算力や記憶力に改善の兆候が認められました。

82歳・男性

Bさんも4年前に認知症と診断され、日付が覚えられないなど、記憶力低下の症状が顕著でした。
しかし2ヶ月ほど冬虫夏草を服用したところ、奥さんの留守中に受けた電話の内容をメモしたり、取材したスタッフの顔を覚えていたりと、症状の改善が見られたそうです。

こちらのページでは冬虫夏草を取り扱うクリニック・通販を紹介しています>>

 
ページの先頭へ▲