よくわかるやさしい冬虫夏草ガイド
よくわかるやさしい冬虫夏草ガイド

民間療法や漢方、補完・代替医療に冬虫夏草が使われる理由がよくわかる

HOME » 民間療法としての冬虫夏草の使われかた » アトピー

アトピー

ここでは冬虫夏草のアトピー性皮膚炎・ぜんそくへの効果・効能の説明と、冬虫夏草の摂取でアトピー性皮膚炎・ぜんそくが改善した人の口コミを紹介しています。

冬虫夏草でアトピー性皮膚炎・ぜんそくが改善した臨床データ

冬虫夏草にはさまざまな効果や効能があります。民間療法としての冬虫夏草は耳鳴りやアトピー性皮膚炎、生活習慣病や疲労回復・勢力増進などに用いられてきました。ここでは冬虫夏草のアトピーやぜんそく改善の効果について、考えてみましょう。

中国の医学書「中薬現代研究と臨床応用」で発表された臨床実験の結果では、アトピー性皮膚炎の患者に対して2ヶ月間にわたって合計38回の冬虫夏草投与を行ったところ、89.60%の患者でアトピー性皮膚炎の改善が見られたとされています。

また気管支炎(ぜんそく)の患者でも3ヶ月間41回の冬虫夏草経口摂取の結果、94.20%で改善が見られています。原色薬草図鑑(北隆館)には「冬虫夏草の水浸液には動物の気管支の拡張や平滑筋抑制などの作用がある」と記されています。

アトピー性皮膚炎・ぜんそくの原因と冬虫夏草の効能

アトピーの語源はギリシャ語で「異常」を表す言葉だそうです。免疫反応にもとづくアレルギー性疾患の総称で、先天性過敏症とも呼ばれます。原因は特定されていませんが先天的な体質に起因することと、アレルギーによる免疫の働きの乱れが症状を引き起こしていると考えられます。

ぜんそくも同様に先天的な体質が関係している病気で、ダニや埃など特定の抗原に対する免疫反応(アレルギー反応)によって引き起こされる場合が多いことが解っています。季節の変わり目に多い花粉症も同様に、アレルギー反応によって引き起こされる症状です。

アトピー性皮膚炎・ぜんそくを改善する成分

冬虫夏草に含まれる成分のうち、βグルカン免疫機能を改善することから、アトピーやぜんそくの原因になっている免疫反応の異常を矯正することが期待されます。またSOD(活性酸素除去酵素)によってDNAの損傷が抑制されることで、アレルギー性疾患が発症する確率を低減させる効果もありそうです。

漢方医学では冬虫夏草に肺と腎を強める働きがあることから、他の生薬との組み合わせでぜんそくや肺気腫の根本治療に使われています。ぜんそくなど気管支の発作には肺による呼気(息を吐き出す)と腎による吸気(息を吸い込む)が関係していると考えられているためです。

冬虫夏草でアトピー性皮膚炎・ぜんそくが改善した口コミ

インターネット上にたくさん見られる、冬虫夏草摂取によってアトピー性皮膚炎やぜんそくを改善した方の口コミを紹介します。

37歳・女性

11歳の長男と10歳の次男が両方とも風邪を引くと喘息のようになり、野球の練習もハードなことで睡眠だけでは疲れが取り切れなくなっていました。冬虫夏草のことを知って飲ませるようにすると、最初は変わりませんでしたが2年ほどすると喘息の症状も出なくなり、体調が良い期間が続くようになりました。

32歳・女性

子供の頃から健康な方でしたが、3人目の子供を産んだ頃からアトピーが出始めました。ステロイド剤を使うことにも抵抗があり、悩んでいたときに冬虫夏草のことを知って飲み始めました。1ヵ月半くらいすると痒みが薄らいで顔の発赤や湿疹がなくなって、白い肌が見えるようになってきました。

47歳・女性

若い頃からずっと花粉症で悩んでいました。症状が出ると風邪を引いたみたいに頭がぼーっとして、鼻水で夜も眠れないことがありました。病院で処方してもらった薬でも効果がなく、薬が切れたのを機に冬虫夏草を飲み始めました。最初に1回飲んだだけで症状がすぐに良くなったのには驚きました。それ以降は薬を買うこともなく、冬虫夏草だけで楽しく春が過ごせるようになりました。

 
ページの先頭へ▲