よくわかるやさしい冬虫夏草ガイド
よくわかるやさしい冬虫夏草ガイド

民間療法や漢方、補完・代替医療に冬虫夏草が使われる理由がよくわかる

HOME » 補完・代替医療としての冬虫夏草の使われかた » 膠原病・リウマチなど免疫の病気

膠原病・リウマチなど免疫の病気

ここでは冬虫夏草の膠原病やリウマチなど免疫系の病気への効果の説明と、冬虫夏草の補完・代替医療としての医療現場での活用例を紹介しています。

冬虫夏草の膠原病やリウマチなど免疫系の病気への働き

中国の医学書「中薬現代研究と臨床応用」ではリウマチ患者に対して冬虫夏草を服用させた結果、82%で症状の改善が見られたとされています。リウマチを含む膠原病には種類が多く、症状の表われ方もさまざまです。共通して言えることはどれも免疫異常によって引き起こされると考えられていることと、それが体質・遺伝などの先天的条件や細菌感染・紫外線などの環境的条件によって発症に至ることです。

膠原病やリウマチの発症は女性に多く、根本的に治療する方法が見付からないためステロイドの投与によって症状を抑制する治療が一般的です。しかしステロイドの長期にわたる投与には弊害も多く、特に若い女性では胎児に悪影響を及ぼす危険性も否定できません。身体に対して全く害がない冬虫夏草によって膠原病やリウマチの症状が改善されるなら、それに越したことはありません。

膠原病・リウマチを改善する可能性がある成分

冬虫夏草には膠原病やリウマチの原因である免疫異常を改善する成分が豊富に含まれています。

【βグルカン】

マクロファージやNK細胞、T細胞、B細胞などの免疫細胞を刺激して活性化、正常な免疫機能の働きを誘引します。キノコ類の多くに含まれる成分ですが、サナギタケ冬虫夏草には特に多くのβグルカンが含まれていることが解っています。

【活性酸素除去酵素】

SODとも呼ばれる酵素で、DNAを損傷する活性酸素を瞬時に消滅させる働きがあります。直接に膠原病やリウマチの症状を改善する効果はありませんが、活性酸素を減少させることによって病状が発現することを抑制する働きが期待されています。

冬虫夏草の医療現場での活用例

医療現場でも、膠原病やリウマチの代替治療に冬虫夏草を使用するケースがあります。リウマチには抗がん剤の一種であるリウマトレックスの内服が一般的ですが、リウマトレックスは海外では堕胎剤として認可されている薬品です。リウマチが発症するのは女性が多いため、堕胎剤でもあるリウマトレックスを常用的に女性に投与することは危険という判断のためです。

冬虫夏草などの生薬を原料にした漢方薬剤なら副作用も少なく、人体にダメージを与えずに膠原病やリウマチの原因になる免疫機能の異常を改善することが期待されます。

膠原病やリウマチの補完・代替医療に冬虫夏草を用いた方の声

49歳・女性

リウマチの治療で通院を続けていましたが全く改善する様子もなく、先生の勧めでサナギタケ冬虫夏草を飲み始めました。すると飲み始めて3日目には手の強張りがなくなってきたのが実感できて、2ヶ月目の今では随分楽に手が動かせるようになりました。

41歳・女性

風邪を引いたのが切っ掛けでいつまで経っても具合が良くならず、知り合いの漢方医に相談すると膠原病かも知れないと冬虫夏草の服用を勧められました。飲み始めるとすぐに疲れやすかったのが改善されて、身体が楽になりました。1週間後にはあんなに治らなかった微熱もなくなり、40歳健診では以上なしという結果に驚いています。

33歳・女性

5年ほど前に腎盂炎やギランバレー症候群にかかり、それ以来体調が悪く悩んでいました。ピアノの講師をしているため指の関節が痛く、思うように指が動かせないので困っていました。冬虫夏草を飲み始めると10日目くらいから体調がよくなり、今では指の痛みもなく普通にピアノが弾けるようになりました。

 

冬虫夏草を補完・代替医療に用いている医療機関はこちら>>

 
 
ページの先頭へ▲