よくわかるやさしい冬虫夏草ガイド

よくわかるやさしい冬虫夏草ガイド

民間療法や漢方、補完・代替医療に冬虫夏草が使われる理由がよくわかる

     
  • 冬虫夏草とは
  • 効果・効能
  • 民間療法
  • 補完・代替医療
  • フコイダン・アガリスクとの違い
  • 冬虫夏草のの見極め方
  • 扱っている病院・通販

冬虫夏草とは

冬虫夏草冬虫夏草は虫草菌の一種で、生きた昆虫に虫草菌が寄生して体内に菌糸の核をつくり、季節が来ると昆虫の頭部や関節から子実体を伸ばして成育したものです。中国では古くから滋養強壮剤として用いられてきました。中国においての冬虫夏草は学名コルジセプス・シネンシスという1種類のみで、3,000m以上の高地でコウモリガの幼虫にコルジセプス・シネンシスが寄生して子実体を形成したものという厳重な定義が為されています。

しかしコルジセプス属(虫草菌類)は世界中で350種類以上発見されていて、そのほとんどが冬虫夏草と同様に昆虫に寄生して子実体を形成することから、人体への影響が定かではない虫草菌類まで冬虫夏草の商品名で出回ってしまっているのが実体です。中国で漢方薬として薬効が認められている虫草菌類は、冬虫夏草のほかにサナギタケ(コルジセプス・ミリタリス)など数種類に過ぎません。

日本における冬虫夏草とは

冬虫夏草は高額で取引されることから乱獲が進み、生産量が激減したことでさらに高騰を招くという悪循環に陥ってしまいました。中国では冬虫夏草の絶滅を防ぐため厳しい採取管理と輸出規制を行い、現在は日本ではコルジセプス・シネンシス冬虫夏草が手に入らないのが実情です。

養蚕技術を応用した昆虫生体培養法でつくられたサナギダケ冬虫夏草代わって登場したのがコルジセプス・ミリタリス(サナギタケ冬虫夏草で、日本古来の養蚕技術を応用した昆虫生体培養法が開発され、サナギタケ冬虫夏草が日本国内で安定供給できるようになりました。
サナギタケ冬虫夏草は中国でも薬効が認められ、かつ本場冬虫夏草にも含まれない抗ガン作用が期待される成分コルジセピンを含むことで、一躍注目されるようになったのです。

冬虫夏草の成分と効果・効能

冬虫夏草(コルジセプス・ミリタリス)には体質を改善し病状に良い効果がある成分が豊富に含まれています。冬虫夏草の主な成分と、その働きについて見てみましょう。

  • コルジセピン(cordycepin)

コルジセピンはDNA、RNAの合成を阻害することで、悪性腫瘍の分裂を阻害して積極的細胞死を誘発させる効果があると考えられています。コルジセピンを急性白血病とHIVの新薬として利用するための臨床実験は、最終段階の医薬品認定ステージまで上がり今なお実験が継続されています。
コルジセピンはサナギタケ冬虫夏草だけに含まれる代謝産物です。また同じサナギタケ虫草菌でもタンク培養した菌糸体からはコルジセピンが見付からず、昆虫生体培養のみでコルジセピンが生成されることも解りました。

  • SOD(活性酸素除去酵素)

SODは、DNAを損傷して脳卒中や心筋梗塞、ガン、白血病、糖尿病、動脈硬化などさまざまな疾病リスクを高める活性酸素を瞬時に還元する酵素です。体内で合成されるSODは加齢とともに減少していきますが、SODの補給は、アンチエイジングの効果も期待されています。

  • βグルカン(ベータグルカン)

ベータグルカンはマクロファージやNK細胞(ナチュラルキラー細胞:リンパ球の一種)などの免疫細胞を活性化して、その働きを高めます。多くのキノコ類に含まれている成分ですが、サナギタケ冬虫夏草(コルジセプス・ミリタリス)はキノコ類の中でも上位のβグルカン含有量が確認されています。

  • エルゴステロール(ergosterol)

細胞の代謝を阻害してレモンの10倍の抗酸化作用を発揮します。動脈硬化や老化を防ぐ働きがあり、カルシウムの吸収を補助するため、血液の凝固や体液のバランスを保つことにも有効に作用します。

  • マンニトール

マンニトールは、冠動脈を拡張させて血流を改善したり血圧を下げる働きがあります。血糖値を上げずに腸内細菌の状態を良化して、便秘など腸内に起因する不調を改善したり、天然の利尿剤として余分な尿酸を体外に排出する働きもあります。狭心症や心筋梗塞の予防などの働きがあることが知られています。

 
 

漢方医学からみた冬虫夏草の効能

日本冬虫夏草の会による「漢方から見た中国の薬用菌」では冬虫夏草の効果・効能について次のように説明しています。

  • 花粉症…花粉症発生時に単独で使用すると改善が見られる
  • 冷え性…冬虫夏草を飲用しているうちに冷え性が改善した例が多い
  • 夜尿症…腎機能を活発にして力を整える
  • 慢性腰痛…冬虫夏草は慢性の腰痛に大きな効果がある
  • 咳・喘息…小児喘息の根本治法として優れ、単独使用でもかなりの改善効果がある
  • 慢性腎炎…病気に特有の倦怠感などの症状に目をみはる効果がある
  • 腎不全…身体のだるさなどの症状の改善・クレアチニン値の上昇緩和
  • 肺気腫…息切れなどの症状の顕著な改善が見られる
  • ガン…肺ガン・肝臓ガン・すい臓ガン・白血病など
 
 

補完・代替医療としての冬虫夏草の活用

冬虫夏草は病院やクリニックなどの医療現場でも、ガンや膠原病の補完・代替医療として活用されています。抗ガン剤による抜け毛や吐き気などを緩和する作用もあることから、抗ガン剤と併用されることも多いようです。

冬虫夏草の投与によってガンや膠原病の症状が改善された報告は実にたくさん上がっていますが、一般にはアガリクスほど知られていないのが現状です。

冬虫夏草を用いた補完・代替医療の詳細はこちら

日本では丹羽免疫研究所の所長を務める丹羽耕三博士が院長を兼務する、高知県の土佐清水病院で冬虫夏草などの漢方薬が代替医療として用いられていることが有名です。丹羽博士は2013年に「冬虫夏草を含む天然の生薬が肝細胞がん患者に延命効果をもたらす」と題した論文を医学雑誌「Integrative CANCER therapies」に発表しています。

また東京都中央区にある銀座東京クリニックでも、サナギタケ冬虫夏草による補完・代替医療が行われています。銀座東京クリニックはガンの漢方による補完・代替医療を専門に行っているクリニックで、西洋医学にはない「ガンに対する抵抗力を強める」冬虫夏草の働きに着目した治療を実用化しています。

冬虫夏草を補完・代替医療に用いている医療機関の詳細はこちら

 

良質な冬虫夏草とは

全世界に350種類以上も存在する虫草菌類を総称して「冬虫夏草」と呼ぶ傾向があることから、実際には成分や効果の検証もされていない正体不明の虫草菌が冬虫夏草として販売されたりしています

効果がないばかりでなく身体に害があると考えられる虫草菌類も存在するため、冬虫夏草の名前だけに惑わされて素性が解らない商品を購入することは絶対に避けるべきでしょう。

また、中国では冬虫夏草(コルジセプス・シネンシス)は絶滅の危機に瀕しているため、一般には手に入りません。安全性の高い国内産のサナギタケ冬虫夏草(コルジセプス・ミリタリス)など素性がはっきりしたものを入手するのが安全です。

良質な冬虫夏草の選び方

  • 製造元の確かなものを選ぶ

中国では冬虫夏草は希少で手に入らないばかりか、輸出は厳しく制限されています。中国から輸入される冬虫夏草は正規ルートではあり得ず、素材・品質とも不明なものがほとんど。
高額で取引されるため、重金属をまぶして目方を誤魔化している製品もあることが解っています。冬虫夏草は日本国内で培養されたものなど、素性がはっきりした製品を買い求めるのが安心だと言えます。

  • 製造方法によって成分が違うことに注意!

国内で行われている冬虫夏草の培養では、穀物の培地に栄養分を混ぜて子実体のみを育てる方法液体の培養液の中で菌糸のみを培養する方法などが多く行われています。
しかし、冬虫夏草(コルジセプス・ミリタリス)に含まれる独自の抗ガン成分であるコルジセピンは、昆虫の生体に虫草菌を寄生させて培養する方法でしか生成されないことが解っています。
これは虫草菌の繁殖を防ごうとする昆虫の生体の免疫反応が関係していると考えられています。冬虫夏草は、昆虫生体培養によって作られたことが明示された製品を選ぶことが大切です。

  • 含有量が100%に近いものを選ぶ

巷には「冬虫夏草配合」と書かれた健康食品が販売されています。しかし実際には冬虫夏草が極めて微量にしか含まれていない製品が多いようです。
冬虫夏草にはコルジセピンをはじめ活性酸素除去酵素やβグルカン、エルゴステロール、マンニトールなど生体に必要な成分がバランスよく含まれています。冬虫夏草は単体だけの摂取でも充分な効果が期待できるものですから、他の成分に混ぜ込まず純粋に100%の状態で摂取することが最も好ましいと言えます。

このサイトは個人がインターネットや書籍で集めた情報をもとに制作しています。
最新情報については病院や製品サイトなどでご確認くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 
ページの先頭へ▲